学芸会が終わりました

今年度は周年行事があるため、学芸会が早まりました。

当日はとても暑く、締め切った体育館は蒸し風呂状態でした。子供たちも私たちも汗だくになっていました。やはり学芸会は秋の終わりがいいなぁと思いました。

さて、今回の学芸会は、いつもと違って私達教師が熱く語ることなく、子供たちのペースを大事にして練習をしました。

主役やメインの役を演じる子、通行人をしながらスポットや音響、幕の係をやる子、それぞれが、それぞれの思いをもちながら練習をしてきました。 練習時間も、体育館の割り当てだけを使い進めていきました。(最後の週に2時間程多目的室で練習しましたが・・・。)子供たちがどんな学芸会にしたいと思っているのか、どう取り組みたいのか、それを大事にしたいと思っていました。しかし、練習していくうちに、イライラしてしまい、なかなかおしゃべりが止まない練習風景を見ながら、先生たちはこんなにやっているのに…。という押し付け感を出してしまったのです。すぐに反省しました。子供たちにも「嫌な怒り方をしてごめんなさい。押し付けてもいい劇にはならないよね。」と話しました。

「全力で」「悔いのない」などは、子供たちの本心から出ているのだろうか。どんな風に練習したいと思っているのか。子供たちだけで話し合ってもらいました。「一人一人のチャレンジや思いは違う、その思いをお互いに尊重しながらやろう。そして、何より学芸会を楽しもう!」と告げました。

すると、だんだん練習が進むにつれて、子供たちの動きが変わってきました。家で練習し、自分の演技を考えてくる子、台詞の言い方を工夫してきた子、そして、スポットや音響、ピアノなど、自分の分担を責任をもって行う子。劇がどんどん出来上がっていきました。真剣な様子に、私も真剣にアドバイスをしていきました。

そしてリハーサルの日、驚くほど良い劇になりました。子供たちの力って、すごいんだなぁと、改めて思いました。

本番当日、劇が始まる前に聞くと、「緊張している人」よりも「楽しみでワクワクしている人」がほとんどでした。劇が終わると、児童も保護者もたくさんの方が感動し涙を流していました。こんなに保護者の方が泣いている学芸会は初めてでした。

終わった後の達成感は、子供たちの表情に表れていました。それぞれのチャレンジが成功したということなのだと思います。「子供たち自身の力」ということを強く感じた学芸会でした。

授業でホワイトボードミーティング®︎

ホワイトボードミーティング®と出会い、授業で取り組んでからから5年、もう6年目になります。

今、「主体的・対話的で深い学び」と言われていますが、このホワイトボードミーティング®はまさにその学びであると言えます。

いつも言っていますが、今では単なる手法ではなく、学級経営の核になる理念として私の体の一部になっています。子供たちの心を温め、自分らしくいていいよ、と承認される活動です。何より、子供たちが自分たちの力で進められます。私は学び合いと同じく、じっと子供たちの様子をアセスメントしています。

この夏に学校の視聴覚室の壁全面にホワイトボードが取り付けられました。1クラ全員が一斉に会議できる場です。ワクワクしながら9月に何度も使いました。これからもどんどん使っていきます。

さて、今日は具体的な実践例を紹介します。

☆高学年国語「討論会をしよう」

①教科書を読みながら討論会の流れを確認する。単元の流れを知る。(国語のCDを使って討論会のモデルも聞かせた。)

②討論会で話したい内容について話し合う。ミニホワイトボードにグループから出た意見を書き、全体で共有。そこからテーマを決めました。今回は「タイムマシンに乗るなら過去へ行くか未来へ行くか」「住むなら都会と田舎どちらがいいか」「夏休みにいくなら海か山か」に決定。(内容は子供たちが決めたのでそのままお任せ)

③グループを決めて、情報収集。

④グループごとに企画会議の手法で討論内容を考える。企画会議よりも時間を多くとり、一人5分話して発散。エピソードを入れることで、より具体的な話になる。採用したいアイデアを収束で話し合う。最後に実際にどの意見にするかを活用で決める。

⑤ワークシート(私は今回はノート)に意見をまとめたものを書き、ホワイトボードの内容は写真にとって印刷。役割分担や具体的な内容を話し合い、リハーサルをする。(2時間)

⑥討論会を行う。(3回)

☆低学年国語「あったらいいな こんなもの」 ①教科書を読み、単元の流れを知る。あったらいいなと思うものを考える。

②ペアで「あったらいいものというと」でオープンクエスチョンしながらペアトーク。具体的な内容が出てくるので、面白い。

③ミニホワイトボードに書かれたことをもとに、原稿を書く。

④紹介カードに自分が考えたものを絵と文章で表わす。

⑤発表会

(私は中学年を担任したことがなく、実践がないので、載せられず。すみません。)

他にも「友達紹介文を書こう」「俳句を書こう」「歴史人物についてまとめよう(社会)」「月というと(理科)」など、あらゆる活動でも取組むことができます。もちろん、振り返り作文や物語の感想などにも。ミニビブリオバトルのプレゼンづくりにも使っています。

私は「話し合い活動」というよりも、子供たちには「聞き(聴き)合い活動」なんだよと、話しています。「今日も聞き合い活動しまーす。」と言っていたこともありました。オープンクエスチョン、相づち、そして聞いて書くを通して、自分が話すことだけでなく、友達の話を聞くことを大切にしてます。

ホワイトボードミーティング®と出会ってから、できないことや取り組まないことの裏にある不安や気持ちに、思いをはせるようになりました。アセスメントすることの大切さを学んだとも言えます。

最初からできなくて当たり前。繰り返し愚直に続けていくことで、子供たちの力は花開き、いろいろなことをぐんぐん吸収していきます。そこまで続けられるかが大切なのだと思います。みなさんもぜひ、続けてみてください!

 

算数の学び合い

 夏休み明けから体調が悪く、病院へ通ってばかりでした。やっと落ち着き、元気になりました。(結石ができたり、腫瘍ができたり→良性でしたが・・・大変でした。)

 さて、2学期が始まり、あっという間に1ヶ月が経ちました。今年度は周年行事があるため、学芸会が10月の頭になり、忙しい毎日でした。来週に控え、楽しみです。

 そんな中でも、算数での「学び合い」、マインドマップやホワイトボードミーティングを使った授業、そして総合での探究など、日常の学習は粛々と行われています。

 算数の「学び合い」では、課題に夢中になって取り組み、全員がクリアするために、みんなが動いているのが見えるようになりました。私の課題の設定が悪く、反省することもしばしば。しかし、男女関係なく説明したり、一緒に考えている姿は本当に微笑ましく、学習の中で関係が育まれていくことに、幸せを感じています。また、今は自分の説明をノートに書くことを大切にしています。説明したことを文章化するのも苦ではなく、さっと書けるようになってきました。

 校内事情で算数が少人数算数ではなくなり、クラス算数になったのをきっかけに、全員で学び合いにチャレンジできるようになりました。子供たちの「振り返りジャーナル」を読むと、

「クラス算数になってから、算数が楽しくなった。○○君や○○君が優しく教えてくれてすごく楽しい。」

「前よりもたくさん教えたり説明したりできるようになった。」

「学び合いで算数をやるようになってから、なんか早く終わるようになった気がします。今までは教えてもらうことが多かったけれど、最近はたまに教えに行ったりすることも増えてきたなあと思う。」

「人に教えてもらって分かったときは、すごくスッキリします。人に説明してわかってもらうとすごくうれしいです。」

「分からない人に教えたり説明したりするときに、『あ、そういうことか~。』『なるほど、分りやすい。』などと言ってもらうとうれしいです。他の人と考えるほうがいろいろなやり方が出るし、『こうなるんじゃない?』とか言い合えるのが楽しいです。」

などと、いろいろなことが書かれています。課題を聞くと、

「同じ人ばかり関わっているので、もう少しいろいろな人とチャレンジしたい。」

「わかっ自分が考えているときに話しかけられると、分らなくなってしまう。」

「説明が早すぎて分からない時がある。」

などと書かれていました。このことについては、みんなで共有し、対策を考えました。とにかく算数は学び合いでやりたい!というのが子供たちの感想です。私も子供たちの様子がしっかりとアセスメントできるので、学び合いは本当に素敵だなと思います。

次回はホワイトボードミーティング®を使った授業について話します!

幸せな時間

昨日は年に一度の夏休み恒例の同窓会がありました。昨年も書きましたが、この日は夏休みの大事な行事になっています。特別支援学級の担任だった頃の子供達、保護者が集まります。今年も総勢25名になりました。「仕事で行けなかったけれど、来年は行きます!」と連絡をくれる子もいます。みんな本当に楽しみにしてくれているのが私も嬉しいです。 毎年、1日の流れは同じで、お昼に流し素麺、その後ボーリング🎳かカラオケ🎤、帰ったらビンゴ大会! 当時、補助員をやってくださっていた仲間2人も、毎年手伝ってくれています。 毎年毎年、成長する姿が見られて、本当に幸せです。 準備も片付けも、みんな子供達でやってくれます。なので、私もフリーな時間が多くなり、今やっている仕事のことや、学校の事などたくさん話すことができました。 仕事頑張っているんだなぁとか、就職に向けて頑張っているんだなぁとか、本当に聞いていて楽しかったです。 そして、ボーリングをしていても、上手になっているみんなぬびっくり!盛り上がりました。最高の笑顔が見られて幸せでした。 いつもお母さん達とはゆっくり話すことができないので、今度は母の会をやろう!となりました。お母さん達と話しながら、自分にできることは何かないか、考えさせられる1日にもなりました。 こうやって教え子の成長を感じることができる私は、本当に幸せ者です。 また来年も集まります。ずっと続いていけたらと思います。 f:id:akika-ainoarukurasu:20180815125209j:plain

探究発表会第2回目

今までは学期の終わりにやっていた会社パーティー。以前も書きましたが、昨年度の3学期から会社活動の方法も変え、探究発表会を行っています。 会社活動は、単元の学習とタイアップしたものになり、授業で会社の子供たちに活躍してもらっています。子供たちに任せると、どんどん活動します。 1学期は、私からの発注だけでなく、どんどん考えて活動していました。 流れとしては、 ①学期にやる単元を出し、その中からやりたいものを選ぶ。(全員希望通りにする) ②会社ごとにホワイトボードミーティング®︎しながら企画する。 ③授業で活躍(実験の説明、運動のコツ、漢字の覚え方など、様々です。) ④単元が終わると、探究活動に入る ⑤探究発表会 学期終わりには、お楽しみ会がなく、探究発表会を開いていますが、子供たちは「お楽しみ会をやりたい。」とは言わず(気づいていないだけだと思いますが。)探究発表会をとても楽しんでいます。発表の準備も、3時間くらいでできました。 探究発表会は、1人ずつ前に出て、自分が調べた事を発表します。紙ベースで発表する子もいるし、発表ソフトを使ってプロジェクターに映して発表する子もいます。 1学期の会社から発展してもっと調べたいこと、または学習の中で気になり、調べたことなど、内容はお任せです。今回も、学習から発展した内容がたくさんありました。 発表の間、聞いている子供たちは今回も「へぇ〜。」「なるほど〜!」「そうなんだぁ。」の連発です。なんだかペアトークしているみたい。 調べたいことを調べて、発表する。友達の発表からたくさんのことを知る。これが本当に楽しい!と、その日のジャーナルに書いています。 二学期もまた、会社活動でいろいろな活躍の場を作っていきたいと思います。

漢字テスト

学期末の漢字テスト。よくある50問テストです。「先生、合格点は何点ですか?」と聞いてきたので、「合格点は自分で決めて。名前の下に目標点を書いてくれればOKだよ。」と言いました。

「目標点にいかなかったら、再テストしたい人はやろう。」と伝えました。

私は名前が丁寧に書けていると、花丸を付けて5点プラスしているので、最高点は105点。見てみると、ほとんどの子が、目標点を105点や100点にしていました。何人かは95点などと書いていました。漢字が苦手な子も、80点にしていました。

うちのクラスでは、50問は一気に無理だと思う子は、25問ずつ2日に分けてテストしたいと申告することができます。今回も5人が申告してきました。

中学校へ行くと、25問ずつなんて出来ないだろうなぁと思いますが、とにかく自分なりに取り組んで欲しいと思い、申告制にしています。

テストを丸付けすると、みんなよくできていました。

チャレンジ成功です!

f:id:akika-ainoarukurasu:20180708001130j:plain

東照宮その2

前回のブログで話した日光東照宮の英語ガイドの振り返りをしました。 一緒に準備してくれたALTの先生と支援員の先生に様子を撮った動画を見せると、大喜びしていました! みんなで心から、喜びました!新しいチャレンジって、やっぱりワクワクしますね。本当に楽しかったです! 子供たちは、「はじめは恥ずかしかったけれど、2回目、3回目とやっていくうちに、だんだん慣れてきて、楽しくなった。」「外国の人が、分からないと一生懸命聞こうとしてくれて、嬉しかった。」「これからは積極的に話してみたい。」「アイコンタクトや相づちをしながら話せた。」などと、自信をもつことができたんだなぁと分かる言葉がたくさん書いてありました。 単元の流れは ①総合の時間にそれぞれが調べて、調べた事を大きなホワイトボードにグループでまとめる。 ②その中から、今まで習ったフレーズを使って言うそうな説明を選ぶ。 ③ALTと支援員の先生に分からない文は直してもらう。 ④始めと終わりの決まり文句は単元を通して練習する。 ⑤各グループの文を分担して、練習する。 ⑥隣のクラスとリハーサル ⑦そして本番! です。子供たちは達成感があったようです。 いろいろアイデアを出し合い、これからもワクワクする単元をつくりたいと思います!